失敗しても慌てずに|老化現象を諦めない|目の下のたるみを治そう

老化現象を諦めない|目の下のたるみを治そう

女の人

失敗しても慌てずに

鏡を見る人

カウンセリングはきちんと

美容整形には、技術や機器のよさも重要ですが、出来上がりをイメージする想像力と、美的センスも必要となります。そのため、こうしたセンスが不足していたり技術が足りない医師に整形手術を受けると、不満足の出来映えとなってしまうことがあります。鼻も比較的修正することが多い部位です。鼻は、高くしたりすっと通った鼻筋にしたりしたいと思って整形を受けることが多い部位です。しかし使用したシリコンの形があわなかったり、注入した薬剤が悪く形が崩れたりして、修正することもままあります。修正するときは、きちんと原因について説明を受け、どのような施術で修正するのか、修正手術のリスクは何かなどをきちんと確認するようにしましょう。何度もメスを入れるとトラブルも起こりやすくなります。

失敗の特徴

鼻の整形手術でよくある失敗は、いくつかパターンがあります。プロテーゼとよばれるシリコンの形があわないというケースや、鼻を高くするためにヒアルロン酸を注入したものの横に広がってしまったというケースなどがよくあるものです。こうした失敗は、出来上がりのイメージを正しく持っていないため起こることが多いです。注射系の失敗は、薬剤の品質が粗悪なため起こることが大半です。プロテーゼの修正は、再度切開手術が必要になります。ヒアルロン酸の修正は、ヒアルロン酸を分解する注射を打った後、再度品質の高いヒアルロン酸をうつなどという方法があります。また、修正手術は最初のクリニックとは違うクリニックで行う人が多いです。最初のクリニックへの信頼がなくなるためです。